忍者ブログ
BLOG版の「名古屋紅鯱団」 サッカー中心のコメントなどをつづります。
[102] [101] [100] [99] [98] [97] [96] [95] [93] [94] [92]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

J1リーグ第28節
名古屋2-0東京V
【得点】
〔名古屋〕
89分:ヨンセン
〔東京V〕
40分:土屋

「渋い試合」この一言に尽きるように思う。
ピクシーのコメント〔名古屋公式中日スポーツJ’sゴール〕での厳しいコメントにあるように、決して喜べない試合であったことは否めない。
その中で、タイトルの「気に入らない3つの事柄」について・・・

①:昔と変わらない、汚らしい東京Vのプレースタイル
・福西・平本・土肥に目立った、ダーティなプレースタイル。
フィールドプレーヤーは、明らかに「レイトチャージ」なプレイが多すぎ。土肥もゴールキックなどいちいちプレーを遅らせることが多すぎる。
それが作戦と言われればそれまでだが・・・・
悪質なチャージに対しては、毅然としたしっかりとした判定をしなければいい試合に水を差されることになりかねない。
そういうこともあり、昔からどうもあのチームは好きになれない。

②:①に対する、レフリーの対応
・田辺下手すぎ。久々にレフリングでイライラさせられたように思う。
東京Vのチャージに対するファールを取らず、同様の名古屋にはファールを取るのはいかがなものか。
あれで怪我されたらたまったもんじゃない。
今一度、

③:ロスタイム得点後の、名古屋選手の対応
・久々のフローデの得点は喜んでもいいと思う。(得点は22節の鹿島戦以来、流れからの得点は18節の大宮戦以来)
しかし、たった数分ながらも時間はあった。あの後の場面で誰か名古屋の選手が、ゴールしたボールをセンターサークルに持っていったのだろうか?「もう1点取ろう」という気持ちはなかったのだろうか?喜んでばっかでなく、早く戻って「もう1点取って勝ち点3を取るぞ」っていう気持ち・態度が欲しかった。

今回のフローデの得点が、不振だったフローデの今後の爆発力につながることを願いたい。
ただ今回の試合で、直志が累積警告イエロー8枚目で2試合出場停止。
更なる試練は続く。

にしても・・・
カイオーくんに会えなかったのが残念でならない・・・。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
メンタルっていうけど〜vsヴェルディ戦
2008 J1 第28節 名古屋 vs 東京V(瑞穂陸)  10月5日(日) 16:03キックオフ  今節の相手チームもマリーシアとは名ばかり、ファールじゃないのにファールに見せるといったシーンなど、いわゆる汚いプレーが散見されて、気持ちが削がれること夥しい。そんなんで、残留に向けての気迫、なんて言われてもな〜。  というわけで、メディア的には、そういう言葉は使いやすいんだろうけど、ちょっと違う気もする。そもそも、気持ち“だけ”で勝てるのなら、逆にこんなに楽なことはないわけで。相手様だって、...
WEBLINK[URL] 【2008/10/06 22:40】


忍者ブログ [PR]
名古屋紅鯱団βメニュー
グランパスくん
J1リーグ順位表
フリーエリア

ジオターゲティング
visiter
カウンター
冬開催反対!
Jリーグ冬開催反対
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
忍者ポイント広告
ブログ鑑定書
ブログ内検索
バーコード
管理くまさん
HN:
くろくま
性別:
男性
癒しの極致
触ってごらん。