忍者ブログ
BLOG版の「名古屋紅鯱団」 サッカー中心のコメントなどをつづります。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007年度、新加入選手のお知らせ(名古屋本社〔公式〕発表)

名古屋有史以来の4人がトップ昇格しました。
近年、慶・津田・青山などのユースからの昇格メンバーが活躍をし、それの影響もあってかユースからの昇格がある。
またここ数年、下部組織からのいい人材が育ってきてるのが目に見えて、かなりいい傾向です。
先の高円宮杯でも準優勝できたことも拍車をかけたのでしょうか。

GK長谷川は、各世代の日本代表にも選出されるくらいの素質があり。
楢崎・川島と代表経験者、若手には内藤、チーム内でも最高齢のリッキーなど・・・
いやはや、「GK天国」ですな。(´▽`*)

PR
サテライトリーグ・Dグループ第15日

名古屋1-0磐田
【得点】〔名古屋〕78分:須藤

抜けるような青空の多治見運動公園での、サテライトの試合を観戦に行きました。
子ども会やどこかのサッカースクールともいえる子供集団があちこちで見える中・・・勝ちました!

前半は、互いに一進一退の攻防。
何度となく、西・西野に攻め込まれる場面もあったりしたのだが、秋田を中心とした3バックが要所要所でしめた。
川島のコーチングの声が場内に響き渡っていた。
津田・片山からのサイドからの攻撃もターゲットになる豊田が決め切れなかったりして、結局前半は0-0

後半の立ち上がりもお互いがいいとこ見せるも決めてがなく、そのまま終わるかと思った後半33分、須藤のミドルが決まり1-0に。このあとも追加点をあげるためにチャンスは作るがシュートまでいけず。
そのまま試合終了!

これで、サテライトリーグ(Dグループ)はすべて終了。3位で終えました。
さらに、今年の対ジュビロ戦はリーグ戦・サテライト・PSMの5試合を4勝1分の好成績で何気に終わりました。(以前は苦しんでいたのにね)



秋さん、万歳をやる気満々ですw
このあとの「須藤コール」には、須藤もノリノリw
名古屋2-1千葉
【得点】
〔名古屋〕49分:玉田 71分:杉本
〔千葉〕19分:羽生

一つのきっかけが大きく流れを変えた・・・そんな試合だった。

前半の「走る走る千葉」に翻弄されまくりの我がチーム。
それに影響されたのか、個々のミスも誘発する始末。
前から気になってたけど、本田・・・大丈夫か??
マレクは時々相手にパスしちゃうし。
失点は増川が完全に振り切られた結果・・・
そりゃハーフタイムでブーイングも出るわ。

で・・・後半早々にストやんの退場+玉田の復活ゴール(PK)で劇的に動きが変わり、「走る名古屋(千葉ほど走ってないのであえてひとつ)」
になちゃうんですな・・・
それを最初からやっとけよぉ。

試合を通して、ヨンセンが何度かシュートしながらも、枠におさまらないなど調子はいまひとつ。
増川が前線までボールを持ち込んで、ミドルを打つもGKに阻まれる。

がしかし、恵太のバーを叩くシュートがゴール。
巻への徹底マークも功を奏し、何度となく訪れたピンチも楢崎のファインセーブで何とか1失点でおさまった・・・。(´▽`*)
そして久々の勝利!
(* ̄(エ) ̄)/゜・:*【祝】*:・゜\( ̄(エ) ̄*)

勝つときはこんなもんでしょうな。

さ、まだまだ負けられない戦いは続きますよ!
「後半のグランパスエイト」でいかないと厳しいのかと・・・




それにしても・・・
玉田くんよ、狙ったろ?あの倒れ方はw
ゴール決めたあとの王子の笑顔は本当に「満面」でしたな。(´▽`*)
甲府2-1名古屋
【得点】
〔甲府〕54分:宇留野 62分:バレー
〔名古屋〕59分:藤田

何だよ、前半シュート数!
甲府:名古屋=9:1ってよ!

点取らないと勝てないんですよ、サッカーって。
勝てるか、そんなんで。

いまだにダラダラしてる選手もいると聞く。
罰走がいやだという前に、ちゃんと結果出せや。


昨日、某所で「浦和対川崎」をBSで見ていたけど、「浦和って、憎たらしいほど×××だよね」って言葉が出てきてるんです。
ウチも、他サポさんにそういわせるほどのことができないのかなぁ。


「ホントにがっかりだよ!」(`Д´*)

名古屋1-1清水
【得点】
〔名古屋〕50分:ヨンセン
〔清水〕60分:チョ・ジェジン

内紛後の初試合でしたが、結局引き分けですか。
ソウデスカ。
仕事の都合で観戦できませんでした。
結局TVのダイジェストでしか見れませんでしたが・・・

楢崎、大丈夫か??
あのボールは弾くボールなのか?
そんなにボールが変な回転してるように思えなかったのですが・・・

神セーブも多かったようですが、最近ああいった形の失点が多々あるので、非常に心配です。

最後に一言。
やっぱチョ・ジェジン&まるきーにょす、こぇぇぇ~!(`Д´;)

名古屋1-2FC東京
【得点】
〔名古屋〕57分:杉本
〔FC東京〕22分:平山 79分:石川

う~ん・・・連勝できない・・・
どうもいい試合をした次の試合は、イマイチな試合することが多いですなぁ・・・
研究されるのもあるだろうけど、どうもここ!ってとこでよろしくない動きが目立つように思うんです。

試合に負けたことが悔しいのは当然ですが・・・
勝ってもマスゴミに「ヒラヤマ J初ゴール」って書かれるのがわかってるのがとっても嫌だ。
注目されるのはわかるけど、持ち上げすぎ。
だからマスゴミは嫌なんだよな。

この日は一切、サッカー系TV番組は封印しました。


ま、これ以上は多く語りません。
そんな試合でした。


大宮1-4名古屋
【得点】
〔大宮〕29分:久永
〔名古屋〕30分:恵太 31分:ヨンセン 58分:恵太 66分:恵太

正直、前半30分までは勝てるなんて思いもよりませんでした。
大宮に押されっぱなしだし。
さらにあれだけミスのオンパレードじゃあ、あかんと思うのですよ。

しかし、久永をどフリーでゴールさせてから変わりましたね。
先制されてから見事な目覚め。
現地組の皆さんの声も、BSの中継によく聞こえたし。
相当盛り上がったんだろうな・・・うらやましい。

今日はとにかく「恵太祭!」
4点目は土屋を置いてけぼりにして、GKを股ぬきでゴールを決めたところは痛快。
さらに、慶くんが目立って動いていたような気がします。
慶&恵太の前線でのプレスは、攻撃にすごく効いていたように思います。
1点目の恵太へのパスは、お見事!(児玉清風)

ヨンセンも「ウエディングゴール」をキッチリ決めちゃったりして。
ゴール裏も、おめでとう断幕を出してましたな。

次はホームの瓦斯戦。
調子を落としてる相手に、引導を渡す勝利でキッチリいきましょ。
来週は休日出勤でいけない予定が、1週延びて行ける事になったんだから!

今日は甲子園でも勝利したし。〔あまり関係なし〕
そぉれ!そぉれ!お祭りだ!
今年ラストの、電車で楽に行けそうな関東アウェイ、こんなことなら無理してでも駒場に行けばよかったかも・・・( ̄ヘ ̄;)

(甲府は簡単に行けないしなぁ・・・)
横浜FM2-1名古屋
【得点】
〔横浜FM〕0分:大島 75分:田中(隼)
〔名古屋〕51分:ヨンセン

いい試合した後の大切な試合だったのですが・・・
決して悪い試合ではなかったと思いますよ。でもなぁ・・・

いきなり立ち上がりでの、ドゥトラからの折り返しを大島にヘッドでやられたのはもったいなかった。
完全に大島からマークが外れていたもの・・・
TV画像を見てみると、その後ろにも一人選手がいた。
それを考えると、ひょっとしたら必然的に失点した場面かもしれないが、一人でも多く、攻撃してくる選手へのマークを外すことなければ防げたでしょう。せめて身体を寄せる等ができれば・・・

あれで今日は相当苦しくなったように思う。
全体的にボール支配は勝っていたし、前半のシュート数は明らかに名古屋のほうが上回っていたはずなのだが、GK榎本の真正面だったり枠から外れたり・・・焦りもあったのか。

ヨンセンが本田との競り合い(笑)で得点するも、田中(隼)のループで失点。あれは楢崎が前に出てきたときのフォローが、まったくなかったことで失った点であることは明らか。確かにオフサイドを取らなかった副審の「ミス」(はっきり言う)であるのだが・・・それに輪をかけた連携ミスをしちゃ行かんわ。

これで対横浜FM戦は、互いにホームでの強さは見せるもののアウェイで勝てない病は解消されず。これを何とか解消しないことには、来期以降の上昇もあきらめないといけないのか・・・




それにしても、レフリーの判定おかしいよな。
大安売りみたいに笛を吹いて、試合を止めないのはすごくいいことだと思うけども・・・
東城さんよ、ジョンウが嫌いか?(`Д´*)
あれはダイビングには見えないぞ。
あれはそのまま流してくれ。
それと、さっきも書いたけども、2失点目の楢崎が前に出ないといけなかった場面、あれはオフサイドだろ!
かいつまんで・・・

・天気は曇り空だけど、雨はなさそう。
・あちこちで気合を見せただけあって、新潟サポ、人数少ないけど声出てるわ。
・今日の審判・・・ジャスティス?Σ( ̄皿 ̄;; いやな予感・・・
・で・・・ジャスティス、あれは避けないかんだろ・・・あれで点が入ったら、家本と一緒に研修だわ。

今日は恵太、GJ!!全3点に絡み、積極的にボールを奪う様は、さぶいぼが出ました。2点目の新潟DFから奪って中に流し込むドンピジャのセンターリング→ヨンセンのゴールはしびれましたぜい。シュートがことごとく制度不足でゴールにならなかったものの、あのスピード生かした攻撃は最大の武器ですね。
・中盤のジョンウ・俊哉がしっかりコントロールできてました。ボール支配はかなり高かったんじゃないでしょうか?久々に「名古屋の試合」ができたように思います。マレクは時々危なっかしい場面を作るも、要所要所で抑えていたのは大きかったですね。
・ヨンセンのオウンゴールは責められない。あれは楢崎も一瞬ボールが見えなかったんじゃないかしら?FKが上手かったと思います。
・新潟:梅山のファール&イエローに「むかっ!」突き飛ばしたのはイカンだろ。へたすりゃ赤紙ですよ。
・本田、病み上がりからか少し精彩を欠いた場面もあったように思いますが、さすが存在感は魅せました。
・そして快勝。ようやく順位も上げることができました。
きゃほー(´▽`*)

・それにしても、2試合で10失点は痛いですね・・・新潟DF、結構マークが外れる場面が多過ぎのような気がします。攻撃もオウンゴールの1点だけじゃあかんでしょ。




今日のヒーロー:本田。あまりサポ席に近づきすぎるのはちょっと勘弁・・・バンザイが見えない・・・



試合後に出没した「グランパスくん」と「リアルグランパスくん」のコラボ!周りは大爆笑の嵐。リアルグランパスくん、お連れさんにおいてかれてちょっとかわいそう・・・
よく見たら、(´▽`8)になってる。
名古屋3-1新潟
【得点】
〔名古屋〕17分:本田 23分:ヨンセン 74分:津田
〔新潟〕36分:オウンゴール


私事ですが、タイトルにあるとおり4年悔しい思いをしておりました。
リーグ戦での相性の悪さはもちろん、初めて対戦の形となったサテライトの試合も含めて生観戦ではまったく勝てませんでした・・・

参考までに
2003年:サテライト 新潟5-2名古屋@新発田
2004年:観戦なし
2005年:リーグ戦 新潟  3-0 名古屋@新潟
    リーグ戦 名古屋 0-1 新潟@瑞穂
2006年:リーグ戦 新潟  2-1 名古屋@新潟

2003年の夏には、こっそりアルビサポに混じって観戦した、J2対福岡戦でも勝利してしまうほど。とあるアルビサポさんからは、「くろくまさんって、アルビの勝利の神だね!また来てよ。」と言われるまで・・・。

2006年9月、ようやく勝利することが出来ました。
素直にうれしいです。

感想等は、また明日にします。
さすがに眠い・・・(書き込み日時:9月19日0:55)
今度の土曜、対新潟戦が瑞穂であるわけだけど、あちこちのアルビ系サイトさんを見てみると・・・

「新潟サポ、行くぞ!
      名古屋!ゴルァ!(`Д´*)」


くらいの勢いで盛り上がってるらしい。

ボッコボコにやられたあと、試合後に自然とあちこちから「名古屋に行こう」という声が上がったらしい。

すげぇ・・・その心意気にちょっとだけ感銘した。
さすがにホームであれだけ人を集めてるだけあるわ。

ウチは、負けてもニヤニヤしている「ヌルサポ」も最近多いからなぁ・・・

てことで、こちらも相当の覚悟決めて応援に励みたいと思います。

4月のアウェイでの負け&なぜか「行く試合はアルビが勝ってしまう」記録を止めないと。(ウチの試合生観戦での新潟の勝率はなんと10割。ある新潟サポさんから「アルビ勝利の神」とまで言われた・泣)


あ・・・雨降らないといいなぁ・・・降ると帰りのグランパスくんのお見送り&ネタが・・・





平林 輝良寛選手、サガン鳥栖へ期限付き移籍のお知らせ(公式)

あうううう・・・(/TДT)/あうぅ

期待大の若手のレンタル移籍がまたもや。
このパターンは、期待されながらも出場機会がなくレンタル移籍→そのまま完全移籍ってパターンが多いんだよなぁ・・・

キヨの私的独断イメージは、とにかく怪我が多かったと思うんです。
確か、骨の強化のためにカルシウムをたくさん摂取したっていう話があったようなないような。
そして怪我の完治のあと数試合出場&活躍して、ようやくってところにまたもや怪我・・・

ユースからの期待の星も、出場機会がないといけないもんなぁ・・・。

鳥栖でスタメンゲットして、大きくなって帰ってきてくれ!




忍者ブログ [PR]
名古屋紅鯱団βメニュー
グランパスくん
J1リーグ順位表
フリーエリア

ジオターゲティング
visiter
カウンター
冬開催反対!
Jリーグ冬開催反対
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者ポイント広告
ブログ鑑定書
ブログ内検索
バーコード
管理くまさん
HN:
くろくま
性別:
男性
癒しの極致
触ってごらん。